デコレーションパネル

2022年5月7日

先日、高松市片原町にあるウォールペーパーハウスさんに伺って、デコレーションパネルのワークショップ開催用<ハウスインハウス高松にて6月開催予定>に実践しつついろいろとおしえて頂きました☆

デコレーションパネルはイギリスのFARROW&BALL社の塗料を使って木枠を塗り、枠の中に壁紙を貼って仕上げます。

FARROW&BALL社の塗料は最高品質の顔料を限界量まで加えて作られ、長年研究を重ねた技術者により独特の奥行き深い類まれな色合いを生み出しています。日本の基準よりもはるかに厳しいEU基準をクリアしており安全性も高く、においもほとんどありません。

イギリスの歴史的建造物の修復でも多く使用されいて、全132色に名前がつけられていてとてもユニークなネーミングもあります。

どの色もいいなと思ってしまうのですが、

今回わたしが選んだ色「LONDON STONE」は元々はリージェンツ・パークの有名なナッシュハウス用に作られた色だそうです。

壁紙はウイリアムモリスの「ピンパーネル」で現代用にアレンジされた新色にしました。

 

壁の色、ドアの色、塗装でガラっと空間がかわり、色で好きな空間づくりができるのは楽しくてわくわくします。

ハウスインハウス高松で6月開催予定のワークショップの詳細はまたHPやInstagramでご案内いたします。

ご興味のある方はぜひ♡

tanaka